新しいものと古いものをつなぐ関係性

0

     

    路面電車

     

    打合せのため都内の早稲田辺りを移動中、

    路面電車のある風景に出会いました。

     

    高層化され近代化された平成の街並みに、

    昭和の高度経済成長を支えた路面電車。

    この対比の関係がお互いに風景を

    俯瞰しあっていて、時代の軸を

    行き来しているように感じました。

     

    この関係とは真逆で、栃木県宇都宮市には

    古い街並みの中に、最新の路面電車が近い将来走るようです。

     

    建築を生業としているものとしては、

    大変に興味深い都市の変化事例であります。

     

    路面電車の風景に沿って、歩道なんかに

    オープンカフェや、路面店ができれば

    路面電車から見る風景と路上から見る風景が

    ガラリと変わって、電車では味わえない

    固有の関係性が生まれ、活気づくと考えます。

    また、使われていないお店を何店舗か

    市で買い上げ、少し手を加えて建物を公園として

    扱ってみたり、公共的な休憩スペースや

    街に誘われる仕組みを仕掛けてみても面白いと思います。

     

    人が見えない街並みは、活気を奪ってしまうので

    せっかくの路面電車との関係性までしっかりビジョンを

    持ってもらえたら素晴らしい街になると思います。

     

                  アトリエキノコ 磯貝


    コメント
    コメントする








       

    アトリエキノコ一級建築士事務所

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM